記事詳細

森友、加計…爆笑問題が“お騒がせ”出来事ぶった切る! 最新DVDで80分超のノンストップ漫才披露 (1/2ページ)

 バラエティー界の最前線を走り続けるお笑いコンビ、爆笑問題の太田光(52)と田中裕二(52)。最新のDVD「2017年度版漫才 爆笑問題のツーショット」(コンテンツリーグ)のリリースに合わせて、何かとお騒がせな政財界や芸能界を総ざらいした。

 本シリーズも今回で第13弾。今回は2016年度に起きた出来事を総括した80分を超えるノンストップ漫才を披露。爆笑問題ならではの視点で、一刀両断している。

 今年2月の報道から一気に注目を集めた「森友学園の国有地払い下げ問題」が大きな焦点。

 「籠池(泰典)理事長をはじめ鴻池(祥肇)議員などキャラが立った人が多かったからね。籠池さんの奥さんも個性的だったよね」と太田が切り込むと、田中も「金正男氏の殺害や何度もミサイルを発射した北朝鮮の金正恩氏、アメリカのトランプ大統領とか、政治色が強い人が目立っていたね」と振り返る。

 「もり(森友)」で始まった疑惑が「かけ(加計)」につながった上半期だった。

 そして、今年の下半期に、ピコ太郎のようにパッと世界を席巻するお笑い芸人やタレントは現れるのか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース