記事詳細

松居一代・船越英一郎の離婚騒動 「彼女が豹変した」私だけが知っている全舞台裏 (2/2ページ)

 だとすれば、番組での松居は見事な名演技だ。CMの合間、彼女は「文春はタブーはないんですか」と私に尋ねた。「まったくないとは言えませんが、圧力に屈せず戦える雑誌ではあります」、そう答えると彼女は笑顔で大きくうなずいた。終始気さくな彼女に、私は好印象を持ったのである。

 しかしその半年後、その文春に「だまされた」と編集部に抗議に来た松居。そのライブ映像が一発目の投稿動画なのだが、「そもそも松居が船越の愛人ネタをたれ込んできて、ウラ取りをすると確証のない話も多かった。そこで船越側の言い分も聞いて記事にしたのですが、自分が絶対正しいという彼女は、不満を爆発させ、豹変したんです」(文春関係者)。

 お茶の間で人気だった松居一代はいったいどこへいってしまったのか。

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース