記事詳細

裕木奈江「ツインピークス」新作に出演決定!  (1/3ページ)

 1990年に全米で大ヒットしたテレビドラマ「ツインピークス」の新作が25年ぶりに制作されている。22日からWOWOWで放送が始まる、この「ツインピークス The Return」に、製作総指揮からの直々の依頼で、女優、裕木奈江(47)がレギュラー出演することが分かった。

 あのデヴィッド・リンチ監督からオファーを受けた裕木。「ツインピークスを初めて見たのは26年前の日本でした。当時から番組のファンでしたので、(今回のオファーは)とてもうれしかったです」と語る。

 アメリカに生活拠点を移した彼女。実は、同監督の映画『インランド・エンパイア』(2007年)に出演したことがある。「そのときはホームレスの役でしたので、いつかベルベットのドレスを着るような役がいただけたらなと思っていました。今回はそれがかないました」(裕木)

 1980年代に映画女優としてデビュー。芸名の名付け親は作家の五木寛之氏。その後、歌手デビューもし、アイドル的な人気となり、ラジオ『オールナイトニッポン』のパーソナリティーも務めた。

 92年のドラマ『北の国から ’92巣立ち』で純(吉岡秀隆)の子供を妊娠中絶するタマコや、93年のドラマ『ポケベルが鳴らなくて』で友人の父親(緒形拳)と不倫をして家庭を壊してしまう役柄を演じるなど、衝撃的な役柄が続き、確かな演技力に定評があった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース