記事詳細

HKT指原莉乃が「ひいきする」意外なメンバーとは?

 21日深夜放送の「この指と~まれ!」(フジテレビ系)で、番組MCのHKT48・指原莉乃(24)がガールズユニット「東京女子流」との意外な交流について明かした。

 東京女子流の山邊未夢(21)の妹はAKB48ドラフト2期生、山邊歩夢(15)として知られている。未夢は妹の歩夢が家で「莉乃ちゃん、今日も優しくてね」と話していると明かす。すると、指原は「私のこと『莉乃ちゃん』って呼んでいる唯一の後輩」と語り、続けて「ある日、握手会で楽屋の裏を歩いていたら(歩夢が)一人で泣いていて、『何で?どうしたの?』って言ったら、そこから仲良くなって。よく泣いているんです」と交流が始まったキッカケを話した。

 未夢は「お母さんも応援していて、家に帰ったらいつも指原さんの出ているテレビが付いていたり」と家族全員で指原を応援していることを説明。気をよくしたした指原は「これからも、歩夢ちゃんをひいきする方向に」と姉のアピールで歩夢をさらに“バックアップ”していくことをぶっちゃけた。

 また庄司芽生(20)が「思い出したくないつらい仕事」として「目の前で人が車にひかれるドッキリ」を受けたことを明かすと、指原も「コワ!」とびっくり。ホラー系の番組を撮ると聞いていたが「監督さんが現れて、『あの方が監督さんです』と言われた瞬間、車が走ってきて、“ビュー!ポーン!”って」とその内容について説明した庄司。その後、本物の監督が登場し、「皆さんの驚く顔が見たかったんです」と言われたという。指原は「その人は偽物の監督な上にひかれてるっていう」と話し、スタジオを笑わせた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース