記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】斉藤由貴、魔性も再ブレーク!驚きを隠せない関係者 「減量成功で恋愛にも積極的になるとは」 (2/2ページ)

 しかし斉藤は6年前に知り合った彼を美容やダイエットのアドバイザーと説明し、密室での出来事を、「先生が、来るたびに問診票みたいなのをつけるのですが、それを見直してくださった。それを見ると点滴をしたり、美容系の施術を行っていた」と苦しい言い訳をした。

 斉藤はモルモン教徒として知られるが、その戒律は厳格で、煙草やアルコール、カフェインは禁止。家族や夫婦の絆を大事にし、不倫は言語道断である。敬虔なモルモン教徒である夫はどう思っているのかを問われ、斉藤は動揺の色を隠せなかった。

 「責められて然るべきなので、怖くてまだ聞けていない」

 信仰と家族、恋愛のはざまで彼女の煩悩はいったいどうなるのか。

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース