記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】鶴太郎の熟年離婚に“奇妙な符号” 「渡鬼」女優・野村真美も今年5月に… (2/2ページ)

 「妻も飲食店をやって、自分の世界ができた。それで60になるくらいの時に、そろそろ、そう(離婚)しましょうかという話に。30年くらいたって一緒に住むかとなると、それは価値観とか無理かなということになった」

 話し合いの末、円満な形で「熟年離婚」にいたったのだという。

 実はこれまで、鶴太郎は元CoCoの宮前真樹など多くの女性と浮名を流してきた。特に、「渡る世間は鬼ばかり」で人気の女優、野村真美(52)との不倫疑惑は騒動に。「鶴太郎と野村の関係は本命で、発覚以降もずっと続いているという話がありました」(事情通)

 野村は2009年に2歳年下のテレビプロデューサーと結婚したが、今年5月に離婚。そして鶴太郎の離婚は今年3月。この“奇妙な一致”に「焼け木杭に火がつくかも」(同前)という見方もある。

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう