記事詳細

AKB初のプロレス興行は珠理奈が勝利!“聖地”で大技披露「いろんな選手の挑戦を受けたい」 (5/6ページ)

JURINA「はじめから負けるとは思っていなくて、パワーストーンズのタッグとしてのベルトがほしいと思って、その結果を残すことができて、2冠王になることができたんですが、ベルトを持って笑顔でお話できないのがすごく残念。なんだかおなかが寂しいなって。ベルトはなぜだかオクトパス須田に奪われましたけど、パワーストーンズの相方、白間、あれはどういうことだったのかといまだに納得ができません」

白間「今は何も言えないです。(JURINAとは)目も合わせていません」

JURINA「本当ならパワーストーンズはここから世界のトップを目指すべきだと思います。でも白間の話を聞くと、どうなるのか誰にも分かりません。でも、ひとつ言えることは、これからもパワーストーンズ、WIPの応援を皆さん、お願いします」

<ドラマには出演していない新たなメンバーも参加した試合でした>

宮脇「錦糸町道場に新たに入ったシャーク込山、モーモー川本もかなり頑張ってくれているので、絶対にベルトは錦糸町道場に持って帰りたいです」

JURINA「トップを走り続けるのはうれしいけど、先がない。でも、そんな中、挑戦してくれる子が出てきて、まだライバルとはいえませんが、ライバルができると思うとすごく楽しみです。ユンボ島田が海外に行ってしまうので、その分も盛り上げてくれる人が増えたらWIPは続いていくと思います」

横山「ほかの6試合も、本気でやっている姿に胸打たれました。この子たちとならもっともっとやれるなって。本気で頑張っていたので、全国のみなさんに『見てください』と胸を張って言える興行でした」

白間「ガチでやればやるほど気持ちよかった。もっとやりたいって悔しい気持ちもありました」

<ここからは本人として答えてもらって結構です>

一同「よっしゃー!(全員笑顔で)」

<ファンの前で実際に試合をした感想を>

宮脇「チェリー宮脇、そして、宮脇咲良としてもリングに立ちました。役の境目がなくなって、本気になっている瞬間があって、相手がベルトを受け取った瞬間は本当に悔しいし、あそこまでガチ泣きしたのは初めてかもしれない。現実の世界でも負けることが多いので、勝った達成感を味わいたいって思います」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース