記事詳細

中森明菜、今年はひと味違う!? ディナーショーに加え2種類の“コンセプト・アルバム”発売 精力活動のワケ (1/2ページ)

 年末のディナーショーに加え、11月8日には2種類の“コンセプト・アルバム”を発売する歌手、中森明菜(52)。デビュー35周年を迎えた今年、ファンとともに大切な時間を過ごすため、ついに精力的に活動を展開する。

 デビュー35周年を記念したアルバム制作で、明菜が打ち出したコンセプトは、自らデビューした1980年代(82年デビュー)の社会現象を2種類のアルバムで表現することだった。

 まず1枚のテーマはディスコ・ブーム。80年代は巨大ディスコ「マハラジャ」が人気となり、邦洋問わず“ディスコ音楽”が大ヒットした。今回、明菜は初めて全編ディスコ・サウンドにこだわったカバー・アルバムに挑む。

 「Cage」と題したアルバムで、荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」や長山洋子の「Venus」、さらにはBabeの大ヒット曲「Give me Up」などおなじみの洋楽カバーのほか、ユーリズミックスの「Sweet Dreams」など全9曲。

 「日本語詞と英語詞と分けて歌うことになっています。明菜世代のファンはもちろんですが、若い人でも楽しめる選曲になるはずです。しかも、明菜ボイスはディスコ音楽でも映えています」(制作関係者)

 今回のディナーショーも「CLUB NIGHT」と名付けられている。アルバムとの連動でエキサイティングなステージ演出を考えているのかもしれない。

 もう1枚はオリジナル・アルバムで、タイトルは「明菜」。初めて自身の名前をタイトルにした。内容は「角川映画」をモチーフにした新曲で構成しているという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース