記事詳細

女性向けAVの人気男優がぶっちゃけ!業界の裏側と波乱の経歴を告白 (2/2ページ)

 その後、ゲイ業界を卒業し、念願だった男性向けAV男優として6年間活動。33歳から女性向けAVの世界へ活動の場を移し、現在のポジションを築いた。

 男性向けAV業界にはもう戻りたくないという月野。その理由について「(男性向けは)体位も変則的なものが多いじゃないですか。連続で1日に何人かとやったりしなきゃいけないから。ちょっと一時、セックスが嫌いになった時期があって」と打ち明けた。そんなころに「“エロメン”にならないか」と声をかけられ、そこから専属になることを決意。「女性向けAVでは絡みは1日に多くても2回まで」という。

 月野は女性ファンとの交流も活発。握手会などのイベントを定期的に実施している。ファンと行くバスツアーも過去2回行っており、その内容が「小動物と小鳥のふれあいツアー」と「イチゴ食べ放題ツアー」というノーマルなものだった。

 AV男優とは思えない、本物のアイドルのような内容に河本も思わず「普通のツアーやん!」とツッコみ。ネプチューンの名倉潤(48)は「もう何してもいいのよ!一緒にいられる空間がいいのよ!」と納得した。

 ちなみにその参加料は税込み、日帰りで3万2400円。この金額に名倉と河本も「高いわっ!ずいぶん取るな、おい!」とビックリ。月野も思わず吹き出してまい、「自分でも笑ろうてもうてるやん!」(河本)とツッコまれてしまった。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース