記事詳細

鈴木砂羽の“土下座”騒動で主宰・江頭氏「自分の至らなさが招いた」

 女優の鈴木砂羽(45)が主演・初演出舞台の女優降板騒動で、主宰した江頭美智留氏(54)が20日、「すべての責任が私にあることは間違いございません」と改めてコメントした。

 江頭氏は謝罪のコメントとともに、舞台の開幕中は発言を控えていたとした上で、降板した女優側が主張するような、鈴木が「罵声を浴びせた」「土下座をさせた」という事実はなかったと強調した。

 さらに自身が女優2人に降板を「申し渡した」と報道されたことについても否定。あくまでも、2人の事務所側から降板するという発言をされたことがきっかけだったと主張した。

 ただ、今回の事態は「自分の至らなさが招いた」として、鈴木にも降板した女優2人にも非はないとしている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース