記事詳細

【高須基仁 人たらしの極意】女の子も!東大出身者が“ふんどし”で世界を盛り上げる 外国人「ワンダフル」 (2/2ページ)

 彼ら、ふんどし部の面々は日本古来のふんどしを製造販売し、プロモーション活動を通して、日本のふんどしで世界を盛り上げていく-というのが社の方針だという。

 ヘアヌード写真集から、刺青キューピー人形まで“裸体商売”をシノギとする私の破廉恥な半生を、「うらを見せ、おもてを見せて、散るもみぢ」という良寛禅師の句にたとえて見せた。さすが東大出だ。(出版プロデューサー)

 ■高須基仁の“百花繚乱”独り言HP=「高須基仁」で検索

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう