記事詳細

【立川志らべ 週刊BSマップ】新鮮な武田鉄矢の「水戸黄門」 マドンナ、大塚千弘は違和感なく見れる

★「水戸黄門」10月25日(水)午後7時 BS-TBS

 「水戸黄門」が武田鉄矢主演で新たに始まっていたのをご存じでしょうか? 25日午後7時からBS-TBSで放送されるのが第4話「悪を糺した弥治郎こけし」です。

 光圀(武田鉄矢)一行は、陸奥国、片倉家の城下にやってきた。休息中、片倉家家老の息子・山西数馬(生島翔)と、その妹・菊枝(大塚千弘)が言い争いをしているところに遭遇。気になった光圀は、菊枝の行方を弥七(津田寛治)に探らせる。すると、菊枝はとね(星由里子)という女性とともに暮らしており、こけしの絵付けの内職をして生計を立てていた。こけし問屋の話によると、菊枝には桜田雄次郎(葛山信吾)という許嫁がおり、城で勘定方を勤めていたという…。

 昭和世代にとっては武田鉄矢の光圀は新鮮です。なかなか最初は慣れない…。でも、結局は慣れなのです。見ていれば定着するでしょう。

 注目は女性陣です。特に今回のマドンナ、大塚千弘がとてもキレイで、かつ違和感なく水戸黄門ワールドになじんでいます。

 夕刊フジ読者の皆さんは、まずは女優さん目当てで見てみるのもいいでしょうね。本当にキレイですよ!(立川志らべ)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース