記事詳細

東京03×JSB山下×山本舞香の爆笑座談会! 飯塚の胆のうにポリープ7つ!?知られざる5人の素顔に急接近! (1/5ページ)

 Huluが手掛けるシチュエーションコメディー(シットコム)の最新作「漫画みたいにいかない。」。本作で共演している東京03の飯塚悟志(44)、豊本明長(42)、角田晃広(43)と三代目JSoul Brothers・山下健二郎(32)、人気若手女優の山本舞香(20)による座談会をおとどけ。前回に続いて爆笑の後編では、5人が最近ハマっている意外なモノを告白。知られざる素顔を明かす。テンポ抜群の“トークセッション”。5人の素顔に迫った。(zakzak編集部)

<ここからは後編に入ります。この辺で、皆さんの素顔にも迫ってみたいのですが、最近何かハマっているものや、お気に入りの食べ物などはありますか?>

山本「ミノ!」

豊本「ホルモン系?」

山本「最近、もつ鍋が食べられるようになって、ミノも平気になりました」

<ちなみに、もつ鍋は何味が好きですか?>

山本「味?」

角田「みそとかしょうゆとか、スープの種類があるじゃない」

山本「私は、みそかなぁ」

飯塚「やっぱり、若いうちはみそだよね。俺らは、年齢的にしょうゆだけど」

角田「うん、しょうゆだね」

飯塚「この間、ダンスに挑戦したんですけど、ちょっとやってみようかなって…」

<みなさんがダンスを披露しているシーンがありましたね?>

角田「楽しかったですよ」

豊本「やってみると、意外と面白かった」

角田「やっぱり、山下くんは教え方が上手でしたね」

山下「ありがとうございます」

豊本「分かりやすかったよね」

角田「決して突き放さないんですよ。常に優しい」

豊本「僕らが分かるまで付き合ってくれましたね」

角田「ホント、ありがたかった」

<山下さんから、見て皆さんのダンスは?>

山下「正直、不安だったんですけど…(笑)」

角田「まあまあ、最初はね」

山下「絶対踊れるようになりたいという熱い気持ちを感じました」

飯塚「なんか、めちゃくちゃ恥ずかしい(笑)」

山下「だから、何とか踊れるようにしたいと思いました」

角田「絶対、踊りたかったです!」

山下「その気持ちが大事なんです」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース