記事詳細

安枝瞳、改めて古坂大魔王との結婚を報告「幸せに暮らしてます」

 タレントの安枝瞳(29)、元AKBの森川彩香(21)、グラビアアイドルの本郷杏奈(26)の3名がこのほど、東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館で学園ラブコメ映画「教科書にないッ!3&4」(4104円、オデッサ・エンタテインメント)のDVD発売イベントを行った。

 映画「教科書にないッ!」はヤングチャンピオンで連載された岡田和人さんのコミックを映像化した作品。クラスで1番かわいい人気者の女子高生、白樺綾と、彼女に振り回される国語教師、大楽有彦が同棲を始め、事件が起こる学園ラブコメディ。森川が主人公の白樺綾を務め、本郷は大楽が憧れる英語教師、五月先生、安枝が五月先生の運命を握るキーマンを演じた。

 原作にないオリジナルのキャラクターを演じた安枝は、紫のセクシーなワンピース姿で登場。「映画は初出演で分からないことだらけ。後半にキーマンになるような役なので、ぜひ見ていただきたい。映画だけど、ガッツリとイメージシーンが入っているので、セクシーな動画が好きな方も楽しんでもらえるんじゃないかな。私が水着で出てる最後の作品です」とアピールした。

 5月にグラビアアイドルを卒業し、8月に中年歌手、ピコ太郎(54)をプロデュースするタレント、古坂大魔王(44)と結婚。「楽しくやらさせていただいています。色々な方に『おめでとう』と言ってもらい、幸せに暮らしてます。(古坂は)海外に行ったり忙しいですけど、ちゃんと家にも帰ってきてくれるので、みなさんが思っている以上に会っています。時間がある時はご飯も作ってます」と順調な新婚生活を報告した。

 4月に行われたラスト写真集のイベントでは、「結婚を発表する時は取材陣を呼びます」、「(結婚相手は)いないですね。本当にがんばります」などと話し、“名演技”で記者らを騙すかたちとなってしまったが、「結婚のことを話すことができなかったのが心残りだったので、ここで話せてよかった。中途半端な話をしてしまって申し訳ない」と平謝りだった。

 安枝同様、映画初出演の本郷は「最初は演技も出来ないうえに、輪の中にも入っていけなかったんですけど、みなさん優しくてすごいやりやすかった。セクシーな先生役で、劇中では怒ったり、普段しないことを演技で出来たので、普段の私じゃない姿を見てほしいな」と振り返った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう