記事詳細

“キャスター”ホラン千秋を直撃! テレビには映らない素顔に急接近! (3/4ページ)

<原稿チェックの赤ペンは、ブログで紹介していたセーラームーンのペンですか?>

 「あれは、フリクションなので印をつけるには若干細いんですよ。だから、メモをする用として使っています。原稿に印を入れるときは、もうちょっと太いフェルトペンですね(笑)」

<本番前に食べているのは、これもブログでちょくちょく見かける手作り弁当?>

 「そうです(笑)。あれだけだと少なくないですかと言われることが多いんですけど、実はあのお弁当の前にしっかりお昼ご飯を食べているんです。お弁当は“第二のお昼”(笑)。お昼を食べて、本番が終わる19時まで何も食べないと結構おなかが空くので、あの小さいお弁当で小腹を満たしています」

<気のせいか、卵焼きの登場回数が多いような…>

 「楽だからだと思います(笑)。皆さんから『ホランのお弁当は茶色いな』といわれて。自分では意識していなかったので、そんなに、ひどいお弁当なんだ…と思いました(笑)」

<いえいえ、全然ひどくないですよ(笑)。おいしそうだなと思ってみています>

 「ありがとうございます(笑)。茶色くて汚い弁当だといわれることには慣れてきたので大丈夫です。ただ味はおいしいはずです(笑)」

<(笑)。衣装で気遣っている点はありますか?>

 「例えば悲惨な事件が起きたときは、ブルーや寒色系などの強すぎない色を選ぶようにしています。アクセサリーもシンプルなものを。一般の身だしなみとして適切な範囲でオシャレを楽しんでいます。いつも品のあるものをスタイリストさんが集めてくださっているので、その点は信頼しています」

<キャスターを担当するようになって、世の中の出来事に対する“アンテナ”の張り方は変わってきましたか?>

 「自分ではあまり変化は感じていません。でも例えば選挙期間中などはどうしても選挙に関するニュースが多くなりますよね。そうすると日常会話に選挙の話題があがったりして。ニュースで伝えたことがふとした会話の中に出てくると、やっぱり自分の中でも多少の変化はあるのかなと。ちょっと発見でした。いろいろなニュースを扱うことが日常になっているので、興味を持つ対象が日々増えてきているのかもしれません」(つづく)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース