記事詳細

報道からバラエティーまで 大忙しのホラン千秋、気になる休日の過ごし方は? (2/4ページ)

 選挙取材最初に行かせてもらったのが、公示日の池袋だったんです。そこには数時間前に小池百合子さんがいらっしゃって、私が行ったときにはその反対側の出口で自民党の候補者が演説をしていました。そこに小泉進次郎さんが応援に駆け付けたんです。小泉さんが現れたときの盛り上がり方、注目のされ方が熱狂的で。あの『選挙の熱とはこういうもの!』というファーストインパクトは忘れられません。

 こういう選挙を戦い抜いて当選される政治家の皆さんはすごい精神力と体力だなと思いましたし、こういう状況を逐一伝える報道陣も、お互いに譲り合いながら攻めるところは攻めているわけで。そういう現場の記者さん、カメラマンさんの情報や映像を自分たちがスタジオで伝えていることを痛感しましたし、キャスターとしてもいい勉強になりました」

<ちなみに、金曜日の放送が終わると解放感のようなものはあったりしますか?>

 「土日にほかの仕事が入ったりするので、金曜日だからといって『終わった!』という気持ちにはなれませんが(笑)、やっぱり不思議と今週も終わりだなという気持ちにはなりますね。

 むしろ放送がない土日は『あ、今日はないのか』って少し寂しくなります。それだけ『Nスタ』が日常の中にある生活になじんできたということだと思っています」

<忙しい日々が続いていると思いますけど、気分転換に何かやっていることはありますか?>

 「それが、あの汚い…いや、茶色いお弁当につながるんです(笑)」

<あの“すてきなお弁当”を作ることで癒されているわけですね!>

 「気をつかっていただいてありがとうございます(笑)。そうなんです。料理しているときは何も考えなくていいので、にんじんの千切り、玉ねぎのみじん切りといった単純作業が自分にとってやすらぎの時間になっていますね」

<ブログもマメに更新されていますよね>

 「なかなかネタが見つからないときもあるんですが、『楽しみにしています!』と言ってくださる方がいるので、今日も書こう!という気持ちになります。

 私の両親もブログがすごく好きみたいで、時々『今日は何もないの?』って催促してくるんですよ(笑)。なので、催促される前にアップしようかなと。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース