記事詳細

NEWS23のアノ曲も…異色トリオ『KOBUDO』デビュー10周年 「“心の処方箋”になれたら」 (1/2ページ)

 チェロ、ピアノ、尺八という異色のトリオによるインストゥルメンタルバンド「KOBUDO -古武道-」がデビュー10周年を迎えた。メンバーの古川展生(チェロ)、妹尾武(ピアノ)、藤原道山(尺八)に、この10年間について直撃した。

 10年という時間について、3人もじわじわとその重みを感じている。「この3人で続けてこられてよかったなと、じわじわ実感しています」と妹尾が振り返れば、古川は「はじめの頃は、お互いの様子をうかがいながら演奏していたのですが、今では相手の出方が分かるので、遠慮しないでやれるようになりました」と思いを明かす。

 それにしても、何とも変わった組み合わせのトリオだが、この3人で演奏するメリットはあるのだろうか。

 「この組み合わせならではの音の面白さがあります。あと、ソロだと自分の思ったことを出していく音楽になりますが、ユニットだとそれぞれの意見を出し合って作っていくので、自分が考えてもみなかった発想をもらえるんです」と藤原。

 10周年に合わせて、ベストアルバム「十年祭」もリリースした。

 藤原は「ニュース番組『NEWS23』(TBS系)で1年間オンエアされた『翼』など、いろいろなタイアップ曲も収録しているので、まずは知っている曲から楽しんでいただいてもいいかもしれません」とアルバムの聴き方を提案。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース