記事詳細

ジャニーズ牙城に挑戦状 オスカー男性グループ「男劇団 青山表参道X」の勝算は

 大手芸能事務所、オスカープロモーションが満を持して送り出す男性タレントのエンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」。ジャニーズの牙城である男性グループの“聖域”に乗り出したわけだが、その勝算やいかに。

 オスカーといえば、米倉涼子や上戸彩など“全日本国民的美少女”のイメージが強いが、仮面ライダーシリーズで主演を演じた西銘駿や飯島寛騎といった「ジュノンボーイ」出身者も多く在籍している。

 そうした若手の男性タレント30人をそろえたのが「青山表参道X」だ。14日にお披露目されたが会見で副リーダーの塩野瑛久は「オスカーが本格的に男性に力を入れたことに意味がある」と意欲をのぞかせた。

 ジャニーズのお株を奪う形だが、いまや“非ジャニーズ”のグループも多い。「東方神起」などの韓流グループに加え、名古屋を中心に活動してきた「BOYS AND MEN」や、スターダスト・プロモーションの「超特急」「DISH//」など群雄割拠だ。

 「『DISH//』の北村匠海は子役上がりですが、最近は映画『君の膵臓をたべたい』『恋と嘘』『勝手にふるえてろ』など恋愛ものを中心に引っ張りだこです」と映画関係者。

 「男性グループ界も多様化が進んでいる。ファンの選択肢が増えるのでこれからも参入があるだろう」と芸能関係者は見通す。まさに一石を投じることになるか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース