記事詳細

【泣き笑い!芸能人離婚異聞】米倉涼子と尾野真千子、結婚生活から解放されて輝き増す (1/2ページ)

★(2)

 米倉涼子(42)が再びはつらつさを取り戻している。自由気まま、これは彼女のイメージだが、結婚後、その奔放さは消えうせていた。

 2014年12月、39歳で結婚、相手は2歳年下の一般人男性。年齢的な見極めから結婚を決意したといわれた。だが2年後に協議離婚。伝えられたのは夫のモラルハラスメントだった。

 「着てる服、髪形、爪、バッグも靴も全部変だ」と米倉の全ての人格を否定する。新居への引っ越しでは「すべてに男の匂いがするから捨てろ」と怒鳴り散らしたとも報じられた。床に正座させられて一晩中、説教され、さらに門限の強要。入籍直後の大みそかには、六本本のクラブで頭をたたかれ、さらに首を絞められたとも。

 耐えかねた米倉が出ていくように切り出すと、態度を一変。「心を入れ替えて、君を大事にします」と平謝り。年齢も収入も米倉が上だが、2人の関係は元夫が断然上。弁が立つ夫に言いくるめられて涙を浮かべるだけ。後日「洗脳だった」と友人に話したという。

 米倉の素顔は、家庭的で、神経のこまやかな女性だ。いい奥さんを心掛けてじっと我慢していたが、決定的な性格の不一致は埋められなかった。結婚から2カ月後には家を飛び出してホテル住まいを始めている。

 『ドクターX』などの代表作を数多く持つ彼女は、結婚によって女優の岐路に立たされたかに見えた。だが、現在『ドクターX』の新作は好調。8月にはミュージカル『シカゴ』の凱旋公演も成功させた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう