記事詳細

映画『火花』で株を上げた“にちょけん”川谷 菅田将暉の相方務め…「元のコンビに戻りたくない」は本音かも

 若手芸人の挫折と葛藤を描く映画「火花」(公開中、板尾創路監督)で、ひときわ株を上げた芸人がいた。劇中で菅田将暉(24)の相方を務めたお笑いコンビ、2丁拳銃の川谷修士(43)だ。

 20日に東京都内で行われた同作の特別試写会。菅田はいきなり振られて、川谷と劇中で行った漫才を披露することに。

 菅田自身は「ちゃんと練習せなあかんね」と辛口だったが、「本職ではないにせよ、テンポのいい漫才でした。勘どころの良さはさすが俳優といったところでした。しかし、それよりも相方の川谷の間がよかった。漫才もさながら“にちょけん”(2丁拳銃の愛称)の雰囲気を醸していました」とは演芸関係者。

 「2丁拳銃」は、吉本興業の養成所で出会った川谷と小堀裕之(43)が1993年にコンビを組んでデビュー。今ブレーク中の吉本新喜劇の座長でもある小藪千豊やCOWCOWと同期である。1997年度にはNHK新人演芸大賞で演芸部門の大賞を受賞、2003年にはM-1グランプリで決勝まで残る実力派で、人気もあり、関西では売れっ子漫才コンビだった。

 2000年からは東京に進出するも、「なかなかブレークしない状況が続いています。漫才に本腰にならない“クズキャラ”の小堀を、川谷の妻(元お笑いコンビ、高僧・野々村の野々村友紀子)が罵倒するというネタでプチブレークしましたが、それもプチ止まりでした」と民放関係者。

 「コンビでも単独ライブなどを積極的にやっており、漫才のうまさには定評があります。川谷はまじめな性格で、年上の小堀をうまくひっぱりながら、やっています。今作でも、監督の板尾に見込まれての登板です。撮影でも、年下の菅田が気軽に話せるように、カメラが回っていないところでもタメ口でいこうと話したそうです」と先の演芸関係者。

 舞台あいさつで、「元のコンビに戻りたくないんですよ」と語った川谷。案外、本音だったのかも。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース