記事詳細

NGTおぎゆか独占インタビュー “センター”が描く3年後 「AKB48をNGT48で越えたい」 (1/3ページ)

 今年のAKB48選抜総選挙で5位にランクインしたNGT48の荻野由佳(18)がセンターを務めるNGT48の2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」が12月6日にリリースされる。

 今後の活躍がますます期待される荻野をzakzakが直撃。約1時間に及ぶインタビューを行った。その模様を3回に分けて紹介していく。2回目となる今回は完成度の高さが評判のミュージックビデオ(MV)と、その収録秘話について話を聞いた。本番前、おぎゆかと山戸結希望監督が交わした会話の内容とは?(zakzak編集部)

<MVでは、けっこうたっぷりお芝居されていていますね>

 「そうなんですけど、基本的にお芝居は苦手で。以前受けたドラマのオーディションのときも、監督に『やればやるほど下手になっていくね』って言われたくらいです(笑)。今回も最初の方は棒読みでしたけど、監督のおかげですごく楽しめて、途中からお芝居にもちょっぴり乗れたかなって思います」

<撮影に入る前に、監督さんがメンバーと面談をしたそうですね>

 「監督が新潟まで劇場公演を見にいらして、そのときに今回の選抜の18人ひとりひとりとお話してくださいました。『自分の長所はどこだと思う?』とか、『この先どんなことに挑戦してみたい?』みたいな質問をされたんですが、その中でアイドルにかける思いを聞かれたとき、『青春も彼氏もいらないから、アイドルにすべてを捧げたいです』って答えたら、台本にその通りのセリフが載っていて。だからそのシーンは、演技というより私の心の叫びを再現した感じでしたね」

<MVのラストで、そのセリフを2つのパターンで言うじゃないですか。そこがすごく印象に残っています>

 「ありがとうございます。制服を着ている方の私は誓うように言っていますが、歌の衣装を着て言っている方では、『アイドルになって華やかなことだけじゃなかったけど、もっと上を目指して頑張る』っていう思いを強く出しました」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース