記事詳細

俳優、MC、キャスター…大忙しの小泉孝太郎を直撃!生放送を襲った不測のハプニングとは? (2/3ページ)

<難しいと感じるところは?>

 「生放送は編集できないですからね。発言に気をつけるという点と、限られた時間の中で自分が思っていることを短く分かりやすく伝えることができるか。それは常に意識しています。面白いと感じる部分は個人で発信できるところ。自分の言葉がすべてですからね。ドラマでも、キャラクターの言葉を自分のものにしないといけないですが、あくまでも誰かを演じている上でのこと。情報番組では何を言っても“小泉孝太郎”ですから(笑)。スタジオにお客さんはいませんけど、ライブ感があります」

<本番前のリハーサルでは、どんなことを?>

 「一度、サラッと通しでやってみるんです。そのときに時間配分だったり、中継がなくなってしまったときのことを考えたり。生だと、急につながらなくなったり、音声が届かなかったりしますからね。何が起きても対応できる準備はしています」

<本番中に焦ったことは?>

 「結構ありますよ。リハーサルをやったコーナーが1つ飛んだり、30秒でよかったはずの尺を2分に延ばしてほしいといわれたり(笑)。でも、大体は『分かりました』って感じで、パニックになることはないですね。柔道の中継のときそういうことがしょっちゅうありますし、リオオリンピックのときもどうやって競歩について5分も話そうかと考えたりして(笑)。そういうひとつひとつの経験が糧になっています。それと、アナウンサーの竹崎由佳さんの存在が心強い。いつも助けられています」

<孝太郎さんのコーナー「週末コレで呑みたい!」は楽しそうな企画です>

 「まさか、あんなすてきなコーナーを作ってくれるとは思っていなかったですね。酒好きなんで、純粋に楽しいですよ(笑)。毎回、いい意味でマニアックなところを探してきてくれるんですよ」

<どんどん寒くなってきましたが、今の時期はどんなお酒を?>

 「やっぱり、熱かんがおいしい季節ですよね。カニと日本酒の組み合わせは、すごくぜいたく。カニをほぐしながら飲む日本酒はたまりません。カニの殻に注いで飲んでもいいですよね」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース