記事詳細

テレ東関係者匿名座談会 「大物MC・ひな壇・前例不要」 (2/3ページ)

 B:テレ東以外の局はサラリーマン的なプロデューサーばかりになったと思う。上司に疎んじられるのが怖いから、前例のない企画はやりたがらない。企画書に〈○○のような番組〉とか書かせる。面白い番組を作る気なんてサラサラない。

 A:その一方で、テレ東で当たった番組は臆面もなくパクる。ローカル路線バスを乗り継ぐ番組はテレ朝がパクってるね。

 C:『池の水ぜんぶ抜く』も、他局がすでに似たような企画を発注済みと囁かれています。

 B:テレ東が企画を大事にするのは、圧倒的に予算が少ないからだけど、番組の制作費は他の局と比べて半分以下ともいわれていますよね。

 C:ギャラが払いきれないから、他局でおなじみの「ひな壇番組」は存在しないですしね。

 A:経費削減が行き着くところまでいって、30分番組をたった50万円の制作費で作らされたプロデューサーもいたそうです(笑い)。制作発表も他局はホテルで行うことが多いけど、テレ東は局内と徹底していますよね。

 C:テレ東といえば、巨乳女子アナのイメージも強い。おじさん視聴者を獲得するため、スポーツ番組の台本には「YC(横乳カメラ)」、「UC(上乳カメラ)」とカメラアングルの指示が明記されているとか。

 A:涙ぐましい努力ですね(笑い)。視聴率のためとはいえ女子アナも大変だ。ところで女子アナといえば、12月に退局する大橋未歩アナ(39才)がさまぁ~ずの三村マサカズ(50才)のラブコールに応えて『モヤモヤさま~ず2』に特別出演したね。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース