記事詳細

身動き取れない状態の海老蔵、小林麻耶にとっては「生殺し」 (1/3ページ)

 これから世界中の人が好んでバカンスを過ごす常夏の楽園に向かおうというその時、2つのキャリーケースを引く彼女の瞳は、どこか熱っぽくうるんでいるように見えた。11月下旬の夜、小林麻耶(38才)は都内の自宅マンションを出て、市川海老蔵(40才)と子供たちが暮らすマンションへと向かった。しばらくして麻耶とその母親、海老蔵、麗禾ちゃん(6才)、勸玄くん(4才)の5人は2台の車に分乗し、羽田空港からハワイへと飛びたった。

 《起きると 麗禾はとなりに

 勸玄は?と思ったら水着に着替えてました そそくさ一人で笑っ

 ど、どこ行くの?と聞くと、海だそうです。。》12月2日)

 《雨なのでワイキキビーチ貸切です レアですよね…》(12月3日)

 海老蔵は、無邪気な笑顔を見せる子供たちの様子をそう自身のブログに綴った。

 《麻央が好きだったと聞きました。とても美味しいです。》と、ハワイ好きだった小林麻央さん(享年34)が好んだアサイボールの思い出を反芻し、憩いのひとときを過ごした。だが、“家族水入らず”のハワイ旅行が、炎上の火種となってしまった。

 「6月下旬に麻央さんが亡くなってから、海老蔵さんたちがハワイに行くのは8月に続いて2度目。亡くなってすぐにディズニーランドに行ったことが報じられたこともあり、他人がとやかく言うことではないですが、“まだそんなに月日が経っていないのに…”と、ネット上で奇異の目を向ける人もいたんです」(スポーツ紙記者)

 当人たちは同行したことに一切触れていないが、麻耶のブログを見ればハワイにいることは一目瞭然。インターネット上では「気分転換や心のケアは必要」という肯定的な意見の一方、「麻耶はあくまで小林家の人間。きちっと一線を引くのが筋」「わざわざ同時期にハワイに行く必要がある? 麻央さんかわいそう」と逆風も吹いた。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース