記事詳細

市野成美、美人と対面し「下手したらSKE48のブスな人より全然かわいい」 ノブコブ徳井「松村イジるなよ」

 11日深夜の「SKE48むすびのイチバン!」(東海テレビ)で、SKE48の松本慈子(17)、市野成美(18)、野村実代(14)と平成ノブシコブシが愛知県一宮市でかわいい女性探しを行う様子が放送された。

 メンバーたちが各地で聞き取り調査を行い、エステサロンで働く41歳のオーナーを訪問した。その美魔女ぶりに平成ノブシコブシ・吉村崇(37)は「色気という意味ではダダ漏れ」と感激。市野も「憧れる色気」と絶賛した。マッサージが美の秘訣(ひけつ)という美女に対し、メンバーも日頃の美容法で対抗。松本は「お風呂上がりにちゃんと保湿クリームをつけてマッサージします」と明かし、野村は「朝晩パックを毎日やっています」と女子力高いコメントで応戦した。

 しかし年長者の市野は「お風呂上がって寝て」。特に何もしていないもようの市野に吉村は「なるちゃんはイモ食って寝て屁をこいている」と言い放った。市野は「どういう印象ですか!」と言い返した。

 市野は人生初のエステマッサージも体験した。足を揉まれ「ウー」と悶絶(もんぜつ)。足の疲れ具合を「30代」と指摘され、さらに“美人のツボ”を刺激されると、市野は「アー!」と絶叫した。「美人は痛くない」と励まされ、必死に「美人なんで痛くない」と強がってみせた。

 ロケを終え、平成ノブシコブシ・徳井健太(36)が「SKE48に入れそうな人はいましたか?」と質問すると、市野は「今日紹介した人みんな(入れる)。下手したらSKE48のブスな人より全然かわいい」と、この日の番組に出演した女性陣を称賛。徳井は「例えば?」と具体名を聞き出そうとするが、市野は「『例えば』は止めてください」と嫌がった。徳井が「いないところで松村(香織)イジるなよ」と勝手に個人名を出すと、「それは失礼ですよ」と市野。ツッコみで先輩をフォローし、番組を盛り上げた。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース