記事詳細

藤吉久美子の不倫疑惑 坂上が相手プロデューサーを痛烈批判「ほんと趣味が悪い」

 14日に放送された「バイキング」(フジテレビ系)で、「週刊文春」が報じた女優・藤吉久美子(56)の不倫疑惑について、司会の坂上忍(50)が相手の男性プロデューサーを「ほんと趣味が悪いと思う」などと痛烈に批判した。

 文春によると、男性は大阪のテレビ局に勤務し、現在は東京に単身赴任中。藤吉はプロデューサーの部屋の合鍵を持っており、夫の太川陽介(58)が京都ロケで不在中にプロデューサーの部屋で密会したり、太川が藤吉を駅まで車で送った後、地下鉄に乗るため地下に降りた藤吉が再び地上にあがり、タクシーでプロデューサーの部屋に行き、2時間密会したなどとされている。

 坂上は「太川さんが送ったその足でここ(プロデューサー)のお宅に行くっていうのを太川さんが知ったときは…これはキツいわ」と渋い顔。文春デジタルが2人を直撃した動画を見たゲストの中条きよし(71)は「真っ黒けじゃありませんか」と厳しく答えた。藤吉は動画で、個人活動の事務所としてプロデューサーの部屋を使わせてもらっていると主張したが、薬丸裕英(51)は「百歩譲っても、合鍵持っていて事務所代わりっていうのは、言い訳にはならない」と強調した。

 坂上は太川の立場に立ち「しんどい」などとコメント。プロデューサーに対しては「ゼネラルプロデューサーといったら結構な立場ですよ。その人がね、藤吉さんの旦那が太川さんだって知らないはずがないでしょ。俺、その人が大問題だと思うんだけど。ほんと趣味が悪いと思う」と批判した。

 さらに「プロデューサーなのに何やってんだって。それこそ、起用してやっているのをいいことに、手つけたの?このヤローっていう気になっちゃうけどね」と止まらない坂上。しかしプロデューサーが2時間ドラマなどを担当していることなどを聞くと、「そんなに悪い人じゃないのかもしれないなー」と一転おちゃらけ。共演者から「コロッと変わったで!」「なに今後の(ドラマの)起用のこととかチラついているんですか!」という声があがると、「ドラマの仕事、来ねんだよ!もう!」とぶっちゃけ、スタジオを大爆笑させた。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース