記事詳細

“文春砲”の先輩、雨上がり・宮迫が藤吉の不倫疑惑についてコメント 坂上忍「説得力ありすぎるから!」

 15日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、雨上がり決死隊・宮迫博之(47)が週刊文春で不倫疑惑が報じられた女優・藤吉久美子(56)についてコメント。“文春砲”を食らった先輩として自身の考えを述べた。

 この日の番組は冒頭から藤吉と夫・太川陽介(58)の会見の様子を放送。これを見た上でスタジオでは議論が行われた。

 しかし宮迫はほとんど言葉を発せず。途中、太川が出演していた「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)について話が盛り上がり、「あの蛭子(能収)さんを許せる方ですからね」とコメントすると、MCの坂上忍(50)から「やっとしゃべり出した」と冷やかされてしまった。宮迫も「ギャラもらってるからね」と苦笑いを浮かべた。

 文春の続報があるかどうかの話題で、坂上から「専門家」と紹介された宮迫は「この太川さんの会見で、おそらく、また別の日に泊まっていたとか、同じようなことが出てきたとしても、(太川は)同じように許されると思うので、文春がそれ(続報)を出したとて…ってなるんじゃないですか」と述べた。その上で「(藤吉が)ドアから出てきた写真撮られてるんであれば、もしかしたら、(部屋の)中の音声的なものもあるかもしれませんけども、それはおそらく公にはできないですから…」と言葉をつなげると、たまらず坂上が「もうやめとこう」と宮迫を制止。「説得力ありすぎるから!」と苦笑し、話題を切り替えた。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース