記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】藤吉久美子は完全にアウト、「マッサージ」主張もかえって赤裸々な告白に 「熟女界の絶対的センター」の異名も (2/2ページ)

 しかも文春に直撃されるまで夫の太川がそうした事実を知らなかった、つまり隠しごとだったわけだから“不義密通”である。なかでも面白かったのが、ホテルで夜を共にした理由を、「背中とか手とかが痛くて、本当につらくて、次の日の歌のお仕事ができないといけないので、彼にマッサージしてもらっていた。体をほぐしてもらっていた」と主張したこと。

 「いったいどこを?」と報道陣は自制して突っ込まなかったが、それはかえって藤吉の赤裸々な告白ではなかったか。なるほど「マッサージ」か。不倫現場に踏み込まれたときは、「オフホワイト」以上に使えそうな言葉である。

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう