記事詳細

V6岡田准一、宮崎あおいが結婚 あいさつ状の「誤配送」で発覚 ビックカップルついに

 交際していたV6の岡田准一(37)と女優の宮崎あおい(32)が近く結婚することが23日、分かった。同日のスポーツニッポンなどが報じた。岡田がファンクラブ会員に宛てた結婚報告の封書が、「誤配送」で予定より早く届いたことで発覚したという。クリスマス直前のビッグニュースに、インターネット上は騒然となった。

 同紙によると、きっかけは、岡田が赤い封筒に入れてファンに送ったクリスマスのグリーティングカード(あいさつ状)。24日到着の予定だったが、郵便局側の手違いで一部は早く届いたようだ。近く正式に発表されるとみられる。

 カードを受け取ったファンを中心に、ツイッターなどネット上には「イブ結婚報告がフライングで届く」「めでたい!」「ショックな人が続出でしょうけれど…」などと反響のメッセージが相次いだ。

 2人の接点は、夫婦役を演じた2008年公開の映画「陰日向に咲く」(平川雄一朗監督)。以来、友人関係を続けてきたが、宮崎が前夫の高岡奏輔(35)と11年に離婚した際、2人で旅行したことを週刊誌に報じられた。

 12年に映画「天地明察」(滝田洋二郎監督)で再び夫婦役として共演し、15年春ごろから交際をスタートさせていた。

 昨年12月、三重県・伊勢神宮で「手つなぎデート」を楽しむ様子も報じられた。今年8月には、岡田が都内に豪邸を新築していると週刊誌が明らかにし、ゴールインまで「秒読み」とみられていた。

 岡田は今年公開された映画「追憶」「関ヶ原」で、それぞれ主演を果たし、高い評価を得ている。V6では、井ノ原快彦(41)と長野博(45)に続き、3人目の既婚者となる。

 再婚となる宮崎は、主演したNHKドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」が文化庁芸術祭に参加し、11月公開の映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」(滝田洋二郎監督)にも出演した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう