記事詳細

HKT宮脇、AKB向井地ら黄金世代が成人式!総選挙を巡り早くもバトル勃発!? (1/3ページ)

 AKB48グループが8日、東京の神田明神で成人式を行った。今年はHKT48・宮脇咲良(19)、AKB48・向井地美音(19)、岡田奈々(20)、NMB48・白間美瑠(20)、NGT48・中井りか(20)、STU48・瀧野由美子(20)ら各グループのセンター経験者がそろう当たり年。過去最多となる41人(式に参加したのは40人)が新成人を迎える“黄金世代”を一目見ようと、現場には早朝から多くのファンが駆け付けた。

 会見ではそれぞれが成人としての抱負を述べた。近年恒例の質問「自分たちは○○世代?」と振られると、代表として答えた宮脇は「黄金世代と呼んでもらえるように頑張りたいと思います。AKB48の全盛期をもう一度私たちで作りたいと思います」と言い切った。その言葉に周りのメンバーも大きくうなずいた。

 また宮脇は選抜総選挙について話を振られ、「本格的に1位を狙いたいと思うのは、今年の総選挙が初めて」とコメント。その上で「さっしー(指原莉乃)は初めて1位になったのが前年4位からで、去年私は4位だったので、いろんなジンクスにあやかって、1位を取れたら」と意気込んだ。この言葉を受けて白間も「私も1位狙いたいです!」と強調。そして「NMB48の『ワロタピーポー』でセンターなので、次はAKB48のセンターに。1位目指す~。戦うぞ(笑)」と宣戦布告した。向井地もこの話に絡み、「この世代で1位を奪い合ったら面白くないですか?41人全員1位を狙って、大波乱の総選挙にしちゃいたいなと思います」と壮大な構想をぶち上げた。

 20歳といえば飲酒解禁。宮脇は「さっしーとどっちが先につぶれるか対戦したい」と笑顔。マスコミから「(酒が)弱そう」と指摘されると、「私は鹿児島の女なので強いんじゃないかと」と述べ、会場を盛り上げた。

<乃木坂46が昨年「日本レコード大賞」を受賞した感想は?>

向井地「AKB48としては、総監督の横山由依さんも夢に掲げてくださっているように日本レコード大賞や東京ドームに立ちたいという夢があります。AKB48は夢を追い続けるグループでありたいなと思います」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース