記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】あなたも挑戦!スナック道、まずは「初段」から 50回来店で黒帯ゲットだ (1/2ページ)

 東京・赤坂の「スナック玉ちゃん」は昨年の2月に、そして6月には大阪の北新地店がオープンしました。

 一度来たお客さまにリピーターになってもらうべく、お店ではスタンプカードを発行して配っています。子供の頃、夏休みのラジオ体操でスタンプを集めをしたことでDNAに染み込んだであろう日本人の「スタンプ集め精神」を、お店に持ち込んだのです。

 1枚に50個のスタンプを押すことができて、来店ごとに1個スタンプを押していきます。50個たまると「スナック初段」となり、世界に1本だけの達成者の名前入り黒帯ベルトがお店から進呈されます。現在、赤坂店では黒帯達成者が4人(うちひとりは女性)います。

 スタンプカードは50個で新しいカードに更新され、100個目がたまると、今度は達成者のみ身につけることができる名前と「常連」の刺繍(ししゅう)が入った道着を進呈しています。この道着に袖を通し黒帯を締めることによって「スナック道」の2段に昇進します。プロ野球の名球会に入ると贈られるジャケットを意識してこの道着を考えました。現在、この道着の着用をしているお客さまが2人います。

 そしてまた新しくスタンプカードが更新され、昨年末に150個のスタンプを貯めた常連さんが現れました。スナック道3段の強者の誕生です。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう