記事詳細

【中本裕己 エンタなう】和製スティングのような小気味良い詐欺師コメディー映画「嘘八百」

 「スティング」のように小気味良く、憎めない詐欺師が登場するコメディー映画「嘘八百」(公開中)で初笑いした。

 千利休ゆかりの茶の湯の聖地・堺を舞台に、目利きだが冴えない古道具屋を中井貴一、不遇の陶芸家を佐々木蔵之介が演じる。大物鑑定士に一杯食わされた2人は、チームを組んで“幻の利休の茶器”を精巧に仕立て上げて、リベンジの一攫千金を狙う。

 中井のボケに、佐々木のツッコミという漫才、あるいは古典落語の熊さん・八っつぁんにも見える当代名優2人のやりとりが痛快。加えて、鑑定士を演じる近藤正臣が品のある関西弁と、老獪(ろうかい)な演技で、なじみの薄い骨董品の世界に、観る者をぐいっと引き込む。

 さらには、狡猾な古美術商の芦屋小雁をはじめ、文化庁の堅物職員役の桂雀々、異才をもつ怪しい居酒屋店主の木下ほうか、坂田利夫、寺田農、塚地武雅ら脇役陣が皆達者。カーラジオから流れる名調子までもが、浜村淳! キャスト選びの鑑定眼も確かだ。

 「百円の恋」の武正晴監督と脚本・足立紳が再びタッグを組み、NHK連続テレビ小説「てっぱん」などを手がける脚本家の今井雅子が参加したストーリーは、先の読めない展開で思わぬオチが待っている。

 雲隠れしたレンタル業者の着物がネットオークションに大量出品される時代。何を信じたらいいのか、笑いながら考えさせられた。 (中本裕己)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース