記事詳細

【ぴいぷる】平野綾、声優界の姫からミュージカルで存在感「新しいキンキン声を復活、引き出し増やさなくては」 (3/3ページ)

 このあとも人気ミュージカル「モーツァルト!」のコンスタンツェ役での再演も決まっている。

 30歳になったが、「結婚願望は一切ない」ときっぱり。

 「やりたいことが多くて。ミュージカルを中心に、声優のお仕事も続いていて、今のペースがちょうどいいぐらい。そろそろストレートプレーもやりたいですね。次々にお仕事をいただいてありがたいですが、ちょっとでも時間ができたら、アメリカやイギリスに勉強に行きたいんです。もっともっとステップアップしたい」

 貪欲に女優業に突っ走っている。(ペン・平松澄子 カメラ・須谷友郁)

 ■平野綾(ひらの・あや) 女優、声優。1987年10月8日、名古屋市生まれ。30歳。98年に子役として活動を始め、テレビアニメの声優としてさまざまな声のキャラクターを演じ分けて人気者に。代表作は「涼宮ハルヒの憂鬱」のハルヒ、「NANA」の芹澤レイラ、「DEATH NOTE」の弥海砂など。ミュージカルは2011年の「嵐が丘」を皮切りに「レ・ミゼラブル」「レディ・ベス」「モンティ・パイソンのスパマロット」「マーダー・バラッド」など。

 ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」はほかに、前田美波里、ブラザートム、保坂知寿らが出演。公演は2月7~28日=東京・日生劇場、3月5~20日=大阪・梅田芸術劇場メインホール、3月24日~4月1日=福岡・博多座。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース