記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】自称「ウルトラ平成バブル男」TOMOROの実態は“女衒” 友人証言「食わせ抱かせの接待でイチコロ」 (2/2ページ)

 向井容疑者の友人が語る。

 「クラブのイベントを根城にする“パリピ(パーティーピープル)”として有名になりましたが、やっていることは“女衒(ぜげん)”です。若い女の子を有名人やスケベな金持ち連中に紹介してかわいがってもらい、売名に利用したり、仕事をもらったりしている。テレビのスタッフも食わせ抱かせの接待でいい思いをしているから、イチコロでした。しかしいまとなっては、彼と接点のある人はビクビクしているはずですよ」

 ■中村竜太郎(なかむら・りゅうたろう) ジャーナリスト。1964年1月19日生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から文藝春秋「週刊文春」編集部で勤務。NHKプロデューサーの巨額横領事件やASKAの薬物疑惑など数多くのスクープを飛ばし、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞受賞は3回と歴代最多。2014年末に独立。16年に『スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ』を出版。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう