記事詳細

役所広司、日本アカデミー賞・最優秀助演男優賞に当確? 映画関係者「姿見ない日がない。最右翼です」

 第41回日本アカデミー賞の優秀賞が15日発表され、是枝裕和監督の『三度目の殺人』と、原田眞人監督の『関ヶ原』が、それぞれ作品賞・監督賞など最多10部門に輝いた。両作に出演した役所広司(62)は、その両作で優秀助演男優賞を受賞し、存在感を放っている。

 役所といえば、昨年10月期に放送された『陸王』(TBS系)でも、老舗足袋メーカーの社長を熱演し、最終回では平均視聴率20・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 「今年は5月に『孤狼の血』が公開を控えており、テレビでは宝くじのCMで侍に扮するなど、その姿を見ない日がないほど。今回も最優秀賞の最右翼です」と映画関係者。

 各部門の最優秀賞は、3月2日に行われる授賞式で発表される。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース