記事詳細

HKT指原、ソロコンで公約「サシコ100%を実現 ファンに「HKT48をまだまだ辞めませ~ん!」 (1/4ページ)

 HKT48・指原莉乃(25)が18日、TOKYO DOME CITY HALLでソロコンサート「アイドルとは何か?」を開催。2008年の加入以来、ディナーショーは開催しているが単独コンサートは今回が初めてで、指原は選抜総選挙1位の公約だったお盆芸“サシコ100%”を実行したほか、水着姿でSKE48の「意外にマンゴー」を踊るなど、カラダを張った演出でファンを大いに盛り上げた。

 コンサートは、指原が選んだ好きな楽曲をランキング形式で発表する「指原莉乃リクエストアワー セットリストベスト25 2018」という内容で行われた。

25位のHKT48「12秒」を歌って「今日は楽しみましょう!」と笑顔を見せると、24位の「桜、みんなで食べた」以降はHKT48・秋吉優花(17)、岩花詩乃(17)、宇井真白(17)、上野遥(18)、田中菜津美(17)、田中優香(17)の6人がダンサーとして参加。21位の「誘惑のガーター」は植木南央(20)、村重杏奈(19)とともに妖艶(ようえん)に踊り、客席にガーターを投げ入れるサービスでファンを興奮させた。18位は荻野目洋子(49)の「ダンシング・ヒーロー」をカバー。肩パットの入ったボディコン衣装に身を包んだ秋吉率いる「さし丘高校ダンス部」とともにキレキレのダンスを披露した。

 着替え中には「指原莉乃を訴える」というVTR映像が公開され、AKB48・高橋朱里(20)が「『誕生日おめでとうございます』とLINEしたら『じゃり。ありがとう』と返信が来た。本当に感謝しているなら人の名前は間違えない」とクレーム。同じく小嶋真子(20)もTwitterに「こじたこ」と書かれたと訴えた。指原は「私は本当に打ち間違いが多い。ごめん」と平謝り。さらにファンから「握手会で横断幕を出して待っていても『早く帰れ』と言う」と苦情が。指原は「『帰れ』っていうとすごくうれしそうだからWIN-WIN」と笑う一方、「これからは横断幕のそばまで行きます。反省した!」と述べた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース