記事詳細

秋元優里アナも? 真面目な人ほど「車内」にハマる傾向 (2/2ページ)

 「秋元アナはわかりませんが、車中が好きな女性は少なくありませんよ」

 そう語るのは官能小説家の大泉りかさんだ。車中での行為は夫婦で行うケースはほとんどなく、若い頃にホテル代がなくて、という状況をのぞけば不倫ならではだという。

 「最初のきっかけは、ホテルや相手のマンションには行っていないから何かあっても言い逃れできるだろう、という気持ちなんだと思います。しかし、逢瀬を重ねるごとに、非日常な快感にハマっていく。普通女性は行為の前にシャワーを浴びたいという人が多い。でも逆に愛し合っているからこそ場所は気にならない、むしろ相手の要求を受け入れられる自分に特別感を覚えるようになっていきます」(大泉さん)

 誰かに見られてしまうのではないかというスリルや、車内独特の密着感、また相手の息遣いやにおい、夫とはできない行為に興奮を覚え、自ら車中を望むように“調教”されていくという。

 「ハマりやすい人の傾向とすれば、お嬢さまとして真面目に育てられた人や恋愛経験の少ない主婦です。普通だと車に誘われるなんて失礼、軽んじられていると考えるでしょうが、真面目に育ってきたからこそ、男性の誠意を信じやすく雑な扱いも受け入れてしまいやすいんです」(大泉さん)

 不倫騒動はさておき、“竹林”のインパクトは大きかった。

 ※女性セブン2018年2月1日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース