記事詳細

小室哲哉引退 介護地獄に陥らない5カ条「何でも自分でやろうと思わない」 (1/2ページ)

 希代のヒットメーカーの幕引きは唐突だった。19日、音楽活動からの引退を電撃的に発表した音楽プロデューサー、小室哲哉(59)。週刊文春が報じた女性看護師との不倫疑惑を受け、男女関係は否定しながらも、「騒動のケジメとして引退を決意した」と語った。くも膜下出血で倒れた妻、KEIKO(45)の終わりのない介護が、彼をそこまで追い込んだのか。心が折れないための5カ条とは-。 

 「勝手な苦渋の決断ではありますが、僕の償いでは精いっぱいです」

 約150人の報道陣を前に、時折涙を浮かべながら語った小室。自発的な音楽活動は、この日(19日)をもって退くとした。

 引退の直接のきっかけは週刊文春で報じられた女性看護師との不倫疑惑だ。しかし、そこに至るには、2011年にくも膜下出血で倒れ、リハビリを続ける妻の存在があった。

 「日に日に音楽への興味が減り、歌うこともなくなった」という妻について「大人の女性としてのコミュニケーションができなくなった。会話も今では3分ももたなかった」と明かし、小室は「僕も疲れ始めていた」とその思いを吐露した。

 そんな中、自身もC型肝炎を発症し、難聴に近い耳鳴りにも悩まされるなど体調不良に。さらに60歳を前に、昨年の夏ごろから「(仕事へも)期待に応えられるのか、自問自答の日々だった。不安や自信のなさが日ごとに増えてきた。妻にも悩みを話したが、『そうなんだ』ぐらいで…」と精神的にも追い込まれていたという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース