記事詳細

“お縄芸人”の笑えぬ末路 住居侵入で逮捕のトップリードの新妻、解散は不可避か (1/2ページ)

 魔が差したのか、常習なのか。マンションの一室に侵入したとして、住居侵入と窃盗未遂の疑いで逮捕されたお笑いコンビ、トップリードの新妻悠太容疑者(35)。中堅のコント職人として期待されていた芸人だったが、お縄になってしまっては、もう笑えない。

 新妻容疑者は22日未明、東京都新宿区内のマンションの一室に、無施錠の玄関から侵入した疑いが持たれている。室内には荒らされた形跡があり、住人の男性に取り押さえられた。窃盗目的ではなかったという趣旨の供述をしているという。

 「仲間の芸人の間からも、どうしてという声が上がっているように、正直言って、そんなことをするタイプには見えませんでしたね。まだ小さい子供もいるのに」と演芸関係者。

 トップリードは2001年にデビューし、「キングオブコント」では11、12年の2年連続で決勝まで進んでいる。

 「賞レースでは準決勝までは進む実力派。新妻はどちらかというと、コントでも善人役を演じることが多かった。かつては『爆笑オンエアバトル』や『爆笑レッドカーペット』などに出演していましたが、そうした番組が終わると、テレビでの露出がめっきり減っていました。舞台やイベントでは結構頑張っていたんですが…」と演芸評論家の高山和久氏。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース