記事詳細

バクステ・松本ふうか、初DVD「新しい松本ふうかが見られると思います」

 アイドルグループ、「バクステ外神田一丁目」の松本ふうか(22)がこのほど、東京都内で初DVD「風が吹いたら、君の匂いがした。」(グラッソ、4104円)の取材に応じた。

 「普段、アイドル活動をしていて、あまりセクシーさを出していなかったので、このDVDを通して、きっと新しい松本ふうかが見られると思います。キャピキャピとプールで遊んでる姿だったり、砂浜を歩いている姿だったり、いろいろな私を見られる作品となったので、ぜひ見て下さい」

 10月にカンボジアで撮影した初DVDを飛び切りの笑顔でアピール。同作は、元気いっぱいの松本と2人だけの楽しい時間が味わえる内容に仕上がった。

 撮影について「グラビアの撮影は何度かやったことはあったんですけど、映像作品は初めてで、正直言うと恥ずかしかったです。水着を何着も着させていただいたのは、ちょっと新鮮でした」と振り返った。

 オススメに「白のワンピース」シーンを挙げ、「ラストに撮影したんですけど、打ち合わせの段階で『白いワンピースが着たいです』と頼んでいて、私のお願いを叶えてくれたので、一番見てもらいたいお気に入りのシーンです。全体的にしゃべっているシーンが多い作品なんですけど、このシーンだけはしゃべらずに撮影しました。おしとやかに顔の表情だけで語っているので、ギャップも楽しんで欲しいです」と声を弾ませた。自身はあまり黙っていることができないタイプだといい、「本当にレアなシーンだと思います」と太鼓判を押した。

 自信作に仕上がった半面、タイトルに疑問を持ったという松本。「『君の匂い』の部分が『君の香り』だったら風と香りで名前の『ふうか』にかかっていたのになぜ匂いなんだろう。匂いのほうが、一般的に伝わりやすいんですかね。でもポエムチックなタイトルなので、今は気に入っています」と明かした。

 3月21日にバクステ外神田一丁目の10作目のメモリアルシングル「WOI!」が発売予定。「10作目の大事なメモリアル曲です。日常のなかで例えば、仕事とか学校とか、全てが上手く行くことはないじゃないですか。常に自分との戦いで、ちょっと挫けそうになったときに聞いたら、勝たなきゃいけないなって気持ちになれるメッセージソングになっています」と力を込めた。

 3月2日~6日まで下北沢小劇場B1で行われる舞台「ラストステージ」に出演する。(ZAKZAK編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう