記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】“脱ぎ”求められる女優、横須賀よしみ スキャンダル写真が大きな転機に (2/2ページ)

 1980年、資生堂キャンペーンガールとなり、複数の大手企業CMにも出演。モデル系アイドルの先駆者という存在です。

 しかし、84年に恋人とのスキャンダル写真が掲載され、全CM降板、所属事務所とは契約解除に。

 その後、Vシネマの女王と呼ばれる存在になりますが常に“脱ぎ”が求められる女優でした。

 よしみ様と知り合いになったのは98年ごろだったと思います。

 新宿で、キャストが舞台女優と、女性ダイバー限定(つまり長期に休みが必要)という店で雇われママをしていた時代。

 容姿だけでなく、性格もすてきな女性でした。

 世間からすれば、スキャンダルを起こした芸能人は“ソウイウヒト”という認識でしょう。しかし、実際に本人を知ると世間の認識とは大きく違うことが多いのです。

 もし、1枚の写真が世に出なかったら…。そんなことを考える転機になった女優です。(永瀬白虎)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう