記事詳細

ヒュー・ジャックマン、ジャパンプレミアに登場「映画公開まで7年半、日本で紹介できて興奮」

 豪俳優、ヒュー・ジャックマン(49)が13日、東京都内で行われた映画「グレイテスト・ショーマン」(マイケル・グレイシー監督、16日公開)のジャパンプレミアに登場した。

 同作は映画『ラ・ラ・ランド』の音楽チームとタッグを組み、19世紀のアメリカで「地上最高のショーマン」と言われた興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル映画。

 昨年6月公開の映画「LOGAN」以来の来日となったヒューとともに同作の主題歌「This Is Me」を歌うキアラ・セトルも初来日を果たし、生歌を披露するなど、会場を盛り上げた。

 親日家でも知られるヒューは「この映画は公開まで7年半もかかったので、日本で紹介できるのはとても興奮している」と語った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース