記事詳細

TOKIO松岡から聞いたSMAP爆笑エピソードとは? 興味を示した中居だったが…

 14日深夜放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)に漫画家のラズウェル細木が出演。SMAPに関するエピソードを紹介する場面で番組MCの中居正広(45)からダメ出しを食らう場面があった。

 この日の番組は「酒飲みSP」。細木は代表作「酒のほそ道」(週刊漫画ゴラク)の作者として出演した。意外な交友関係として、TOKIO・松岡昌宏(41)と飲んだことがあると切り出した細木に中居は興味津々。キッカケは松岡が同作の愛読者で、細木が単行本のあとがきを依頼した際に「今度、飲みにいきましょうとなった」と明かした。

 細木によると、松岡の飲みは“大衆居酒屋専門”で、立ち飲みや赤ちょうちん系の店に普通に入っていくのだという。中居は「芸能人の人って二手に分かれますよね。もうサングラスも何もしないでいける人と、どうしても人目につくのが嫌な人と」と松岡の行動を理解。すると細木が「彼にね、SMAPに関する話を聞いて、大爆笑をした覚えがあるんですけど…」と語り始めた。

 中居をはじめ共演者が前のめりになる中、細木はまさかの「酒を飲んでいたからさっぱり覚えていないなですよ」。中居は苦笑いを浮かべながら「それ覚えておかないと、振っちゃダメでしょ…」と優しいツッコみ。ゲストMC、ハリセンボン・近藤春菜(34)も「それは怒られるよ」と中居の言葉にかぶせ、番組を盛り上げた。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース