記事詳細

“ダイナマイトボイス”の新境地 山口ひろみ、抑えて歌うことに挑戦「新しい私が出ている」

 25枚目の新シングル「紅(べに)の雨」をリリースした演歌歌手、山口ひろみ(42)。しっとりした歌声で「今までの私とは真逆。新境地を開けるように頑張りたい」と新たな一面をアピールした。

 はじけるような“ダイナマイトボイス”が売りだが、今回は別れの歌とあってあえて抑えて歌うことに挑戦。「最初はちょっと欲求不満でした」と明かすが「新しい私が出ていると好評です」と手応えを感じている。

 2010年の「三陸風みなと」が縁で、宮城県女川町の観光大使を務める。「震災直後、被災地に物資を届けにいき、歌ったら、小さな女の子がありがとうってチョコをくれたんです。歌の力を感じました。それが今の私の原点」と振り返る。

 今年も3月11日が近づく。また女川にも足を運ぶという。「元気を与えるどころか、いつも逆に元気をもらっています」と思いを馳せた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース