記事詳細

9nine西脇彩華が「刺激された!」 スター応援アプリのリアルイベントで「次世代」候補がつぎつぎ発掘!

 アイドルやお笑い芸人、シンガーらが投稿する動画をファンルームで他のユーザーと楽しんだり、応援された度合いがランキング表示されたりするスマートフォンアプリ「mysta」を使った次世代スター発掘リアルイベント「mysta festa」が25日、東京・青山で開かれた。

 イベントでは「ボーカル」「アイドル」「お笑い」の3部門で、アプリユーザーから支持を得た上位参加者が、審査員を前にパフォーマンスを披露した。夢に向かった熱いパフォーマンスに、お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右とともにMCを務めた4人組ガールズユニット「9nine」の西脇彩華は「みんなの頑張っている姿を見て、刺激された。(自分も)かわいいとかっこいいを突き詰めて頑張っていきたい」と興奮気味だった。

 有名音楽プロデューサーによる楽曲提供&配信獲得権をかけたボーカルバトルでは、7人が歌声を披露。「手のひらから君のスターを応援!」がコンセプトの「mysta」を使ったユーザー投票で2人が決勝に進んだが、プロデューサーWatusi氏、松岡モトキ氏、黒須チヒロ氏による最終審査では「該当なし」。Watusi氏は「歌のうまい子を探しにきたのではない。なぜこの言葉を伝えたいのかが見える、伸びしろのある方を探してきたが、残念ながら…」と厳しい選考結果を説明した。

 お笑い部門では、優勝賞金50万円をかけて7組が激突。正統派漫才やパネルネタなど多彩なネタが飛び交うなか、地下アイドル風キャラで異彩を放ったアイドル鳥越とおおのまりあの女性コンビ「HENHEN事変」が優勝。アイドル鳥越は「ありがとりちゃ~ん! 50万円全部使ってアイドル衣装を作ります!」とぶりっ子キャラ全開で喜びを弾けさせた。

 アイドル部門で、雑誌「MARQUEE」への登場と「MARQUEE祭」出演をかけた選考では、結成10カ月の7人組アイドル「TOY SMILEY」が優勝。審査した同誌の松本昌幸編集長は「キラキラ感、元気さがある。伸び方の期待感が大きかった」とたたえた。

 福士蒼汰主演映画『曇天に笑う』の公式PR大使の座をかけた戦いでは、4組のなかから5人組アイドルグループ「キミイロプロジェクト」が選ばれた。「めちゃくちゃうれしい」「最高です!」と大はしゃぎするメンバーに、審査員の本広克行監督は「(主題歌を歌う)サカナクションの楽曲の振り付けがあるので、これを踊ってもらう」と期待を込めた。

 イベントでは特別ゲストとして「9nine」のほか「J☆Dee’Z」「クレイ勇輝」「夢みるアドレセンス」がパフォーマンスを披露。9nineの吉井香奈恵は「私もオーディションで入ったので、出演した人たちの思いには共感できる。受賞できてもできなくても、それまでの過程が大事」と、参加者全員にエールを送った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう