記事詳細

AKB48岡田奈々&村山彩希対談! 51枚目のシングル「ジャーバージャ」は「楽しくかっこよくドヤる曲」 (2/3ページ)

<村山さんは初選抜の感想は?>

村山「まだ選抜の実感がなくて、場違いなんじゃないかって。歌番組でも緊張しすぎて、あんまり自分らしくできなかったです。先輩たちに圧倒されちゃいました」

<シアターの女神として、選抜に入ることは素直に受け入れられましたか?>

村山「(公演に出たいので)劇場と選抜仕事のスケジュールがカブらないかって延々と考えるんだろうなと思っていました。いまのところ、カブることなく順調にできているんですけど、今後カブったら、ご迷惑をかけてしまうんじゃないかなと思ったら、不安というか、選抜にいていいのかなって考えちゃうんです」

<「選抜に入ることで劇場の魅力を伝える」というふうに思ったりは?>

村山「周りの方にそういうふうに言われました。でも、自分は『劇場に立ちたい』と思ってしまうので……まだ複雑です」

<ここまで劇場公演に熱意を燃やす村山さんを岡田さんはどう思いますか?>

岡田「ここまでこだわる人はいないので、折れずにいてほしいと思います。本当に劇場が好きで劇場で輝いてる人だと思うので、無理にメディアに出なくてもいいんじゃないかなって。でも、一緒に選抜入りしたことが私はすごくうれしくて、一緒にいて安心できて、心強いです」

<とのことですが?>

村山「私みたいに『ごめんなさい』って思っている人よりは『選抜に入りたい』って思っているメンバーが入った方がAKB48としていいんじゃないかなって」

<覚悟のほどはよくは分かりました。では、あらためて新曲「ジャーバージャ」の魅力を教えてください>

岡田「最初に(仮歌を)聴いたときは『何だこれは!?』ってちょっと戸惑いました(笑)。『どう表現したらいいんだろう』って思ったんですが、踊っていて楽しくなって、AKB48にしかできない曲だなって。曲はファンキーで、私たちより上の世代の方に受けそうな曲です。MV(ミュージックビデオ)はAKB48史上一番なぐらい派手で華やかな春らしい作品になっています。『楽しくかっこよくドヤる曲』ってダンスの先生に言われていて、彩希ちゃんは恥ずかしそう(笑)」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース