記事詳細

R-1決勝でかわいさ光った河邑ミク 朝ドラにも出演、東京進出へ弾み (2/2ページ)

 演芸評論家の高山和久氏は「情報番組のリポーターとしても活躍中で滑舌もよく、コントの中でなりきる演技力は抜群だった。芸歴の浅さからか、ネタにまだ厚みがなく、ブロックは勝ち切れなかったが、いい顔見せになったのでは。今後、本格的に東京進出があるかもしれない」とみる。

 王者となった濱田については、高山氏は「自らのハンデを自虐的に、ポジティブなイメージでネタを拾い、彼しかできない漫談だった。達者なおしゃべりで、視覚不自由な漫談家のパイオニアに向けて活躍してほしい」と期待を寄せる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース