記事詳細

【ご用心!大厄の美女たち】浅尾美和、整形騒動に大人の対応「女は化けるのです」 (1/2ページ)

★(4)

 現役時代は「ビーチの妖精」といわれた元プロビーチバレー選手の浅尾美和(32)。現在はタレントとして芸能活動を続けているが、一方で2児の母親でもある。

 高校卒業後、バレーボール解説者の川合俊一(55)にスカウトされ、ビーチバレーに転向。そのかれんな容姿と抜群のスタイルでアイドル的な人気を得たことは記憶に新しい。

 「ビーチバレーの会場に浅尾狙いのカメラマンが急増したほど。ビーチバレーの水着は下半身が小さいので、股間を激写しようとするカメラマンも少なくなかったため、個人の撮影を禁じるなどさまざまな規制が設けられたのも、浅尾の影響です」と週刊誌のグラビア担当者。

 そんな彼女も引退して5年強。先日、バラエティー番組に出演した際、ネット上では「めっちゃ顔変わってる」「別人じゃないの?」といった書き込みが相次ぎ、整形騒動になった。

 この反応に、浅尾はブログで「真っ黒に日焼けしていた頃を知ってる人からすると激変です」「女は化けるのです」「そして年齢も重ねております」とつづる大人の対応をみせた。

 「確かに現役のころからみると、肌の色も随分白くなりました。また現役当時はもちろん鍛えているので、アスリートの肉体でしたが、今は2児の母親の体格になっています。昔とは違って見えるのは当然です。それでも健康美は相変わらず健在ですよ」と先のグラビア担当者。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース