記事詳細

ドラマ初主演!“モグラ”逢沢りなに急接近!気になる結婚願望を直撃「するなら…」 (1/2ページ)

 今話題のモデルとグラビアを両立している“モグラ女子”の代表格、逢沢りな(26)が関西ローカルの「恋する肉食べ女子」(22・29日、深夜1時39分~、ABC)でドラマ初主演を果たす。大好きな恋人の前で、なかなか素直になれない見えっ張りな匂わせ女子を好演している逢沢。昨年放送されたドラマ「クズの本懐」(フジテレビ系)では、振りきった芝居で悪女を見事に熱演するなど、そのルックスと演技力が相まって、めきめきと頭角を現している。そんな彼女を直撃すべく、zakzak編集部がドラマ収録現場を訪問。気になる彼女の素顔に急接近した。(zakzak編集部)

<今回、演じている小松頼子とはどんな女性ですか?>

 「頼子は、いろんなことに一喜一憂している女の子。ハッピーになったり、悲しい気持ちになったり、そういう女性らしい感情のアップダウンがあるデリケートな部分は理解できるような気がします」

<頼子には達也(陳内将)という恋人がいて、早く結婚したいと思っています。逢沢さん自身、結

婚願望はありますか?>

 「今はないんですよ(笑)。10代のころ、26歳ぐらいの女性ってすごく大人っぽいと思っていたんです。言葉遣いも含めて、しっかりしているイメージ。でも、実際に自分がその年齢になってみると、まだまだ子供だなと。結婚するなら、もう少し大人になってからがいいですね。一人でいる間に、もっともっと好きなことをたくさん楽しみたいですし(笑)」

<例えば、どんなことですか?>

 「お仕事もそうですけど、一人で自由に動けるうちに、いろんなところを旅してみたいですね」

<頼子はお肉が大好きな“肉食べ女子”。食べるシーンも見どころのひとつですね>

 「ドラマを見た人に、お肉を食べたいと思ってもらえるような演技ができたらいいなと。撮影初日は、和牛さんと一緒に焼肉を食べるシーンを撮りました。おふたりともすごく面白くて現場も和やかな雰囲気に。とても楽しくお芝居ができました。ドラマの放送は深夜なので、皆さんのおなかも空くころ(笑)。私の食べっぷりを見て、焼肉を食べたくなってもらえたらうれしいです」

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース