記事詳細

【板垣眞理子 LA発 芸能Watch】男性が受けるセクハラ…お尻“被害”にあった俳優の悲劇 「ハムナプトラ」主演イケメン、仕事激減の憂き目に (1/2ページ)

 アクションやロマン満載のヒット娯楽作シリーズ「ハムナプトラ」の主演で人気のイケメン・スター、ブレンダン・フレイザー(49)が消えてしまった。

 今年1月、テレビドラマ「アフェア」で久々に見た彼は、主人公が入った刑務所の看守というチョイ役。モテモテだったあのスターがなぜ、の疑問に、フレイザー自身が先月GQ誌の中で衝撃の告白をしている。

 同誌によると、2003年夏、ビバリーヒルズ・ホテルでHFPA(ハリウッド外国人映画記者協会)の当時の会長、南アフリカ出身のフィリップ・バーク氏からお尻をつかまれ、肛門周辺を触られるセクハラ被害にあったというのだ。

 そのとき、パニックに陥り「小さな子供のように泣きたくなり、見えない痛みが襲ってきた」と語っている。

 公にする勇気がないまま、HFPAに、バーク氏を二度と近寄らせないことを約束させたが、この事件でハリウッドのブラックリストに載り、仕事が激減したと訴える。

 大の男が、と思うが、相手はゴールデングローブ賞を主宰することで有名な団体の会長。身長191センチの美丈夫、フレイザーにして声をあげることもできず、「悪いのは自分」と自己嫌悪に陥り人嫌いになったとか。

 これはレイプやDV、セクハラ被害の女性にみられる現象。男性も20%が性的暴行によって不安や鬱病になるというから受ける傷に性別はない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース